中野和典さんの作品展 スペースふうら

スペースふうらさんで開催している
中野和典さんの作品展を見学しました。
中野さんの作品は、童話の本に入り込んだような不思議な感じがしました。
ご本人に、制作過程のお話しをお聞きしたら、まず単色で何も考えずに染みをつける感じで絵を描くそうです。
その染みの絵と対峙していると、段々、染みが、色々な想像を掻き立てられるそうです。
そこから題材を決めて作品を仕上げるそうです。
中野さんの作品が、作為的でなく遊び心いっぱいの理由の一つだと思いました。
ありがとうございました。
c0103137_7311419.jpg

c0103137_7312141.jpg

c0103137_7314425.jpg

[PR]

by menat | 2012-11-04 07:09 | 日々