遺作展の話  

あーとらぼを一緒に運営している山上慶子さんのお父様が
今年、亡くなられました。

お父様は、能面制作をされていました。
山上慶子さんから「父の能面」の作品展を
開催したいと、以前から相談を受けていましたが
お元気な時に、実現できず残念です。

来年の3月に、遺作展を開催することが決まりました。
思い出に残る作品展が開催できたらと考えています。

山上慶子さんの恩師の森本先生に、遺作展の話を相談しました。
森本先生の亡くなられたお父様が、有名な版画家の森本木羊子さんで
特別に教え子のために、作品をお借りできることになりました。
画集をみせていただいたのですが、
仏画を中心に素敵な作品ばかりでした。

山上慶子さんと恩師が一緒に「お父さんの遺作」を視点を考えて紹介する。

能の物語を身近に楽しんでいただくお話会の企画

山上慶子さんの同窓生のご縁の音楽会を企画

昨日、そんなことを話しました楽しみです。

↓ 森本木羊子さんのホームページです。
http://mokuyoushi.jp/

↓ 敦煌彌勒菩薩像26x45cm 森本木羊子
c0103137_6102311.jpg


森本木羊子 プロフィール
 
1898年(明治31年)   熊本県新鳥町に生まれる 

1911年(明治45年)   大阪貿易語学校英語科卒業
1919年(大正 8年)   上京
               浜村蔵六、野川鼎象に篆刻を学ぶ
               増原宗一に日本画を学ぶ

1924年(大正13年)   貿易商に入社 セイロン島コロンボ勤務
               傍らインド・セイロンの仏教美術を研究する

1935年(昭和10年)   大阪高島屋に入社 美術部・呉服部勤務
               柳宗悦・河井寛次郎・棟方志功らと知り合い
               民芸運動に傾注

1953年(昭和28年)   高島屋を退職 木版画を始める
               第二回日本版画院展に出品 華厳賞受賞
               大阪堂島・日本工芸館で棟方志功と合同版画展
               湊川神社拝殿天上画「白馬」「天馬」を献納
               総本山 西大寺山門扁額「勝寶山」彫刻献納
               みんげいで河井武一と「押出版画と陶芸展」を
               開催
               日本板画院に所属
              「日本工芸館」「たくみ」「中宮画廊」
              「りーち」で個展
               毎年 東大寺二月堂・修二会の
               紙手(かみて)を寄進

1954年(昭和29年)   第三回日本版画院展にて大阪新聞社賞を受賞

1955年(昭和30年)   大阪堂島・日本工芸館で棟方志功と合同版画展
               二本版画院会員推挙

1956年(昭和31年)   第六回日本版画院展で読売銀賞受賞

1957年(昭和32年)   湊川神社拝殿天井画に「白馬」「天馬」を献納

1986年(昭和61年)   大阪の画廊「りーち」で卒寿記念版画展開催

1992年(平成 4年)   永眠
[PR]

by menat | 2012-10-07 06:13 | ふしみの芽